入学選考方法

特待生入試

特待生制度とは

本校では人物、学力に優れ、他の模範となるであろうと認められる者に対し、学費を優遇する特待生制度があります。本校の行う特待生入試の試験結果に基づき特待生(授業料の全額免除)、準特待生A(授業料の50%免除)、準特待生B(授業料の25%免除)、準特待生C(授業料より100,000円免除)を認定します。

  • 特待生選考への受験機会は一回のみとします。
  • 特待生基準に満たなかった場合でも、本校の入学基準を満たしていれば、一般合格もしくはAO合格とします。
  • 全入学選考日程で特待生入試を受付けますが、定員枠があるため早い回での受験をお奨めします。
  • 入学後、学業、生活面で特待生として相応しくないと認められた時は、認定が取り消されます。

高等学校を2021年3月高等学校卒業見込みの者

出願資格 次の1~3のいずれかの条件を満たしている者
  1. 今年度の本校AO入試にエントリーし「AO合格内定通知書」の交付を受けた者。
  2. 高等学校3年1学期末までの学習成績概評が原則としてB段階以上の者。
  3. 次のいずれかの資格を取得している者。
    • 情報処理技術者試験 ITパスポート試験・基本情報技術者以上(主催/経済産業省)
    • 簿記検定 2級以上(主催/日本商工会議所)
    • 秘書技能検定 2級以上(主催/実務技能検定協会)
選考方法
  1. 学力試験
    3科目(「国語」・「数学」・「英語」・「情報または簿記」の中から選択)※情報と簿記は同時選択不可
  2. 面接試験
  3. 書類審査
出願書類
  1. 入学願書(本校所定の用紙 様式-A:写真添付)
  2. 高等学校の調査書
  3. 取得資格の確認資料(合格証書のコピーなど) ※該当者のみ
  4. AO合格内定通知書 ※該当者のみ
  5. 入学選考料 22,000円(本校所定の振込用紙使用 様式-D)

既に高等学校を卒業している者

出願資格 以下の条件を満たしている者
  1. 既に高等学校を卒業している者、もしくは高等学校卒業程度認定試験合格者で2021年4月1日時点の年齢が18歳以上22歳以下の者
選考方法
  1. 学力試験
    3科目(「国語」・「数学」・「英語」・「情報または簿記」の中から選択)※情報と簿記は同時選択不可
  2. 面接試験
  3. 書類審査
出願書類
  1. 入学願書(本校所定の用紙 様式-A:写真添付)
  2. 出身高等学校の「卒業証明書」または大学・短大の「卒業見込証明書」、「卒業証明書」
  3. 経歴書(本校所定の用紙 様式-C)
  4. AO合格内定通知書 ※該当者のみ
  5. 入学選考料 22,000円(本校所定の振込用紙使用 様式-D)

一般推薦入試

出願資格 以下の条件を満たしている者
  1. 2021年3月高等学校卒業見込みの者、もしくは既に高等学校を卒業している者。
  2. 高等学校3年1学期末(既卒者は高等学校3年3学期末)までの学習成績概評が原則としてC段階以上の者で高等学校長が推薦する者。
選考方法
  1. 面接試験
  2. 書類審査
出願書類
  1. 入学願書(本校所定の用紙 様式-A:写真添付)
  2. 推薦書(本校所定の用紙 様式-B)
  3. 高等学校の調査書 ※既卒者の場合、出身高等学校の「成績証明書」
  4. 経歴書(本校所定の用紙 様式-C)※既に高等学校を卒業している者のみ
  5. 入学選考料 22,000円(本校所定の振込用紙 様式-D)

自己推薦入試

出願資格 以下の条件を満たしている者
  1. 2021年3月高等学校卒業見込みの者、もしくは既に高等学校を卒業している者。または、高等学校卒業者と同等か、それ以上の学力と認められる者。(2021年4月1日時点で18歳以上)
  2. 資格の取得や各種コンテスト・大会等の入賞実績を有する者で本校校長がその実績を認める者。(詳細は本校入学相談室までお問い合わせください)
選考方法
  1. 面接試験
  2. 書類審査
出願書類
  1. 入学願書(本校所定の用紙 様式-A:写真添付)
  2. 高等学校の調査書
    • 高等学校卒業程度認定試験合格者は「合格成績証明書」(合格見込成績証明書でも可)
    • 既卒者の場合、出身高等学校の「卒業証明書」または大学・短大の「卒業見込証明書」、「卒業証明書」。
  3. 取得資格やコンテスト・大会等の入賞実績を証明できる確認資料(合格証書・賞状のコピーなど)
  4. 経歴書(本校所定の用紙 様式-C)
  5. 入学選考料 22,000円(本校所定の振込用紙 様式-D)

指定校推薦入試

出願資格 本校が指定校とする高等学校を2021年3月卒業見込みで、本校を専願とし、高等学校長からの推薦を受けた者が対象。出願資格(推薦基準)や在籍する高等学校が本校の指定校であるか否かは、在籍高等学校の進路指導室にお問い合わせください。

※対象となる高等学校へのご案内は、例年6月頃を予定しております。

選考方法
  1. 面接試験
  2. 書類審査
出願書類
  1. 入学願書(本校所定の指定校推薦専用用紙)
  2. 推薦書(本校所定の指定校推薦専用用紙)
  3. 高等学校の調査書

一般入試

出願資格 以下の条件を満たしている者
  1. 2021年3月高等学校卒業見込みの者、もしくは既に高等学校を卒業している者。または高等学校卒業者と同等か、それ以上の学力と認められる者。(2021年4月1日時点で18歳以上)
選考方法
  1. 学力試験(「国語」・「数学」・「英語」・「情報」・「簿記」の中から1科目選択)
  2. 面接試験
  3. 書類審査
出願書類
  1. 入学願書(本校所定の用紙 様式-A:写真添付)
  2. 高等学校の調査書
    • 高等学校卒業程度認定試験合格者は「合格成績証明書」(合格見込成績証明書でも可)
    • 既卒者の場合、出身高等学校の「卒業証明書」または大学・短大の「卒業見込証明書」、「卒業証明書」。
  3. 経歴書(本校所定の用紙 様式-C)
  4. 入学選考料 22,000円(本校所定の振込用紙 様式-D)

留学生入試

出願資格 以下の1~3の条件を満たしている者
  1. 外国において12年の学校教育を修了した者
  2. 次のいずれかの教育を受けた者。
    • 財団法人日本語教育振興協会の認定施設(日本語学校等)で6ヵ月以上日本語教育を受けた者。
    • 学校教育法第1条に定める学校で1年以上の教育を受けた者。
  3. 次のいずれかを満たしている者。
    • 日本語能力試験(日本国際教育支援協会・国際交流基金主催)のN1またはN2レベルに合格している者。
    • 日本留学試験(独立行政法人日本学生支援機構主催)の科目「日本語」の成績が200点以上の者。
選考方法
  • 日本語能力試験(本校作成のもの)
  • 作文(原稿用紙800字程度)
  • 面接試験
  • 書類審査
出願書類
  • 入学志願票(本校所定の用紙 写真添付)
  • 履歴書(本校所定の用紙)
  • 母国での最終学歴の卒業証書・成績証明書(コピーでも可)
  • 日本語学校の卒業(修了)見込証明書
  • 日本語学校の成績および出席証明書
  • 在留カードのコピー
  • 日本語能力試験の合格証のコピーまたは日本留学試験「日本語」科目の点数を証明するもののコピー
  • 身元保証人による証書(本校所定の用紙)※身元保証人は日本人または日本で就労している者に限る
  • 入学選考料 22,000円(本校所定の振込用紙 様式-D)

高等学校卒業資格を有さない方

2021年4月1日時点の年齢が満18歳以上で本校への入学を希望する者には、「受験資格審査試験」を実施します。出願希望者は事前に入学相談室までお問い合わせください。

併願受験について

本校では、より多くの希望者に受験の機会があるよう、AO入試、指定校推薦入試を除くその他の入試区分において他校(大学・短大・専門学校等)との併願受験が可能です。併願手数料等の手続きは一切必要ありません。合格時にはお申し出により入学金の延納が可能です。