みらい情報科

Trends & Innovations within IT

みらい情報科

4年制 定員25名大学併修

充実の4年制学科で
ハイレベルなITスペシャリストを目指す

帝京大学との教育連携により4年間で大学と専門学校の課程を併修。コンピュータのプログラミングやシステム開発、ネットワーク、データベースの高度な技術と知識を習得します。また、大学の「一般教養・専門知識」と専門学校での「技術力・実践力・資格」を効率よく身につけるカリキュラムを実現。単なる技術や知識の習得だけで終わらぬよう、様々な企業や大学等との研究や共同開発を行います。

目指す職業

  • ・システムエンジニア
  • ・プログラマ
  • ・ネットワークエンジニア
  • ・ネットワークサーバ管理者・運営者
  • ・セキュリティエンジニア
  • ・Webアプリケーションエンジニア
  • ・カスタマエンジニア
  • ・データベース管理者
  • ・組み込みシステム技術者
  • ・ソフトウェア開発技術者
  • ・一般企業(情報システム部門)
  • ・高等学校情報教諭

目標とする資格

  • ・ネットワークスペシャリスト試験
  • ・データベーススペシャリスト試験
  • ・情報セキュリティスペシャリスト試験
  • ・応用情報技術者試験
  • ・基本情報技術者試験
  • ・Oracle Master(Oracle Database)
  • ・Oracle認定Javaプログラマ(OCJ-P)
  • ・シスコ技術者認定試験(CCENT)
  • ・Linux技術者認定試験(LinuC)
  • ・AndroidTMアプリケーション技術者認定試験
  • ・電気通信工事担任者DD3種
  • ・C言語プログラミング能力認定試験 2級・3級
  • ・マイクロソフトテクノロジーアソシエイト(MTA)

特色

専門学校(高度専門士)&大学卒業(学士)のWライセンス
本科は4年制課程のため、卒業時には「高度専門士」の称号が付与され、大学院進学も可能となります。また、帝京大学との連携により、同大学理工学部情報科学科通信教育課程を併修。類似科目の共有化と単位認定制度(124単位中60単位)により、無理なく履修でき、「工学士」の学位が目指せます。
IT3大要素を世界基準のカリキュラムで徹底学習
カリキュラム全体の45%を占める「ITの3大要素」といわれるプログラミング、ネットワーク、データベースを重点的に学びます。特に本科では、オラクル社(データベース・Java)、シスコシステムズ社(ネットワーク)、マイクロソフト社(セキュリティ・アプリケーション)との教育提携により、常に最新技術の習得が可能。世界に通用する教育を実践しています。
「国家資格+ベンダー資格」のW取得で有利に就活
「基本情報技術者」をはじめ、「応用情報技術者」「高度情報処理技術者」などの国家資格と、「シスコ技術者認定試験」「Oracle Master」など世界基準の「ベンダー資格」の取得に順次挑戦していきます。4年間という年限と、授業と連動したカリキュラムで受験のタイミングも無理がなく、きめ細やかな資格試験対策授業で合格をバックアップします。
共同研究や体験型授業で技術力と社会性を養成
学んだ知識や技術を応用したシステム開発をPBL(体験型授業)で実施します。 学年を超えて行う企業や大学との「共同研究」を通して、プロジェクトの提案、管理やマネジメントにも取り組み、業務遂行能力や問題解決能力などの実務的なスキルも身につけます。
「インターンシップ」「海外研修」で社会人としての資質を身につける
本科ではインターンシップは必須科目。IT関連企業の実際の現場で約1ヶ月の研修を実施し、実際の業務の流れを体験することで、自分の技術を再確認するとともに、社会人としてのマナー、コミュニケーションなど、社会人としての資質を養います。また、海外研修では視野を世界に向けて広げることで、幅広い教養も身につけます。

カリキュラム

本科では、帝京大学の理工学部情報科学科の通信教育課程を併修します。大学卒業単位124単位のうち約半数の60単位が本校の科目を単位認定、4単位が帝京大学で行うスクーリング、残りの60単位はすべて本校の授業で単位取得のサポートをします。