在校生インタビュー

永井 優花【出身高校】清水西高校

こども保育科2年

SANGIは、幼児保育に関する基礎知識のほかに、英会話や情報リテラシーなど、これからの時代に必要な知識を学びます。また、近隣の保育園などを見学し、実際に子どもと触れ合い学ぶ実習が充実しています。頭で覚えるだけでなく、実際に体験することで身に付くことが多くあると感じています。保育実習では、実習指導などの授業で事前に準備はしてきましたが、初日はあっという間に過ぎてしまい、日誌のためのメモを取る暇もないほどでした。私は保育園志望なので、間近に見られた保育者の動きや言葉がけはとても参考になりました。今回担当した1、2歳児と5歳児では会話力や自分でできることが違うので、発達に合わせた的確な援助が必要なことが学べました。将来は、笑顔で子どもたちに寄り添える保育士になることが目標です。次の実習では、手袋シアターを披露しながら積極的に子どもたちと接したいと考えています。