在校生インタビュー

和久井 桜花【出身高校】常葉大学附属橘高校

こども保育科2年

内気だった幼少の頃、私に友達との接し方を教えてくれた保育士の先生に憧れ、この道を目指すようになりました。SANGIに決めたのは、オープンキャンパスに参加したときに、学校の雰囲気が良く、担当の先生方がとても親切だったから。さらに「子供が好きなら大丈夫」という一言が、ピアノも制作も得意でない私を勇気付けてくれました。実際に入学してみると授業では、現在も園長として活躍中の先生の声が聞けることがいいですね。また同じ夢を持ったクラスメイトと仲も良く、学生同士の連帯感が強いと思います。その一例ですが、授業で行う「劇遊び」に向けて、放課後、みんなでシナリオ作りなどの準備に打ち込みました。こども保育科では、近畿大学九州短期大学の授業を併修しており、憲法や社会福祉、さらには保護者との接し方まで学べます。将来は、保護者への対応も含め、一人ひとりに向き合える保育士を目指しています。