CADデザイン科

HOME > 学科紹介 > CADデザイン科

CADデザイン科

2年制 定員20名

モノづくりのすべての分野に通用する
3次元CAD技術者を目指す

製図・デッサン・モデリングなどのデザイン分野の基礎から学習し、モノづくり企業の戦略的提案には欠かせない2次元・3次元CADの操作方法を、実習を積み重ね徹底的に学びます。本科では、単なるCADの操作技術だけでなく、自らデザイン・設計でき、CADソフトを駆使して3次元モデリングのできるCAD技術者を育成します。

目標とする資格

3次元CAD利用技術者試験1級・準1級、CAD利用技術者試験1級・2級、AFT色彩検定(3級・2級) 他

活躍できる仕事

CADデザイナー、CADオペレーター、CADトレーナー、テクニカルイラストレーター、CAD設計技術者 他

特色

製図・デッサンなどデザイン分野の基礎から徹底学習

CAD設計を行うには、まず基本である製図の知識が必要です。工作機械や材料の知識習得に加え、製図板と定規・コンパスを使用した授業で、製図の知識を徹底学習します。

モノづくりの楽しみを知る実習中心のカリキュラム

CADの基本的な操作方法を習得すると、各自好きなプラモデル等を持ち寄り、CADを使って図面を作ります。CAD技術者に必要な考え方・立体感覚・問題解決能力を身につけながらモノづくりの楽しさを学びます。

2次元も3次元も使いこなせるCAD技術者を育成

機械設計者の基本は図面が読めることです。図面の基本となる2次元はもちろん、今や業界標準の3次元CAD技術までをじっくり学習。また、その技術力を証明する ための資格取得対策も万全です。

高度なCAD技術を証明する全国トップレベルの資格取得率

3次元CAD利用技術者試験1級の取得率は67%(平成26年度卒業生)と、卒業までに大半の学生が取得しています。高度なCAD技術を証明するための資格の取得は就職にも有利。高い就職率にも繋がっています。少人数だからできるきめ細かな試験対策授業で無理なく取得することが可能です。

企業ニーズにあったCAD技術を身につけ入社後もスムーズに

卒業研究を内定した企業からテーマをもらい研究することにより、即戦力となる技術の習得を図るとともに、入社後にスムーズに会社に溶け込む環境を作ることが出来ます。

カリキュラム

モノ作りの基礎となる材料知識、構造知識、製造工程などを理解し、3次元CADを使って製品作りの基になる試作品や改良品の原型や原案をコンピュータ上で設計するための技術を身につけます。

ページトップへ
Copyright© 2016 SANGI. All Rights Reserved.