サンギニュース

Sangi News

2007.12.20

ネットワーク試験合格者インタビュー!

先日の産技ニュースでもお伝えしましたが、平成19年度テクニカルエンジニア試験(ネットワーク)において静岡県内の大学・大学院を含む学生合格者はわずか2名、そのうち1名が本校の学生でした!

今回はその合格者である鈴木飛鳥くん(情報ネットワーク科1年)にインタビューしました↓↓↓



Q.合格おめでとうございます!難関の試験でしたが、合格のポイントはどんなことだったと思いますか?

A.「ひらめき」でしょうか!?僕はネットワークに関するニュースや雑誌などを普段から見るようにしていたので、試験勉強だけではなくて幅広い知識が身についていたのかなと思います。そのお陰か、多肢選択問題などは何となく「ひらめき」でわかる部分がありました。もちろん、日々こつこつと勉強もしてきました!バイトで大変な時もありましたが、睡眠時間を削って平均3時間の勉強は頑張って続けることができました。やっぱり興味があることが一番のポイントですね。それと、記述問題もあるので意外と「国語力」も重要だと思います。



Q.ネットワークの面白さってどんなことですか?

A.一本の線によって、例えばインターネットのように世界中とつながることができたり、世の中をもっと便利にすることができたり…「繋がる」ということは本当にすごいことなんだと思います。

入学してからさらにネットワークに興味が出てきて、授業は難しいところもあるけど楽しいです。特にシスコの授業は実習も多くておすすめです。



Q.ところで、鈴木くんが静岡産業技術専門学校に入学しようと思ったきっかけは何ですか?

A.実は高校の時は就職を考えていて、あるソフトウェア開発会社から内定をいただいていたのですが、その会社の方から産技をすすめられ、今のうちにもっと色々な勉強をしておいた方がいいとアドバイスをしてもらったのがきっかけです。



Q.最後に、鈴木くんのこれからの目標を教えてください。

A.来春はソフトウェア開発技術者試験に挑戦したいです。それとネットワーク技術者の証となるCCNAは絶対にとりたいと思います!そして、将来はネットワークエンジニアとしてここ地元・静岡で活躍していきたいと思っています。