サンギニュース

Sangi News

2012.10.01 産学連携

スケジューリング学会にて共同研究結果を発表

9月29日(土)、成蹊大学においてスケジューリング学会が開かれ、本校の学生の丸山 結以さん(ゲームクリエイト科3年)、石上 恵さん(情報システムアドバンス科3年)が研究発表を行いました。

研究発表タイトルは「待ち行列ネットワークを用いた電動二輪最適配置に対する基本設計の提案」。

この研究は、昨年から本校とヤマハ発動機(株)様そして、静岡大学様とで進めてきたもので、「レンタルの電動バイクや電動自転車をある地域の中でどのように配置すれば効率的に運用できるか?」といったテーマに取り組み、モデル設計、プログラミング、数値計算を実施し得た結果を発表。難しい内容ではありましたが発表から質疑応答まで行い、しっかり成果を収めることができたようです。
ここで発表したテーマは、これから卒業研究課題としてさらに深く研究を進めていきます。卒業研究発表が楽しみですね。