サンギニュース

Sangi News

2017.01.25 学校生活

建築科が建設現場見学会に参加しました!

建築科1年生が、一般社団法人静岡県建設業協会の主催する建設現場見学会に参加しました。
見学場所は、沼津市の国道414号静浦バイパスに建設中の新トンネル「沼津アルプストンネル(沼津市下香貫~沼津市大平)」と、富士宮市宮町に世界文化遺産である「富士山」の価値を継続的に探究し、次世代へと継承する目的で建設中の「富士山世界遺産センター(仮称)」の2箇所です。

見学会では、県や工事の担当者から工事・建築方法、工法の特徴、工事の進捗状況などについて説明を受けた後、実際に現場を見学をしました。

学生たちは実際の現場を見学しながら、この1年間で学んできたこととの照らし合わせや、今取り組んでいる制作課題に活かせる知識や技術を得られただけでなく、将来に役立つ貴重な経験をすることができました!