サンギニュース

Sangi News

2017.01.20 学校生活

医療事務科が「寝相アート」に挑戦しました!

医療事務科2年生が、赤ちゃんの寝相アートに挑戦しました。
寝相アートとは、赤ちゃんの寝相を活かして誰もが幸せになるような世界観を表現する写真のことです。
作り方のコツは、
 ①見る人だけでなく、赤ちゃん本人も大人になって見た時に楽しめるテーマや構図を決める。
 ②テーマや構図が決まったら、背景・衣装・小道具を赤ちゃんのお昼寝前までに準備。
 ③子供が寝たら、静か~~~~に撮影準備開始っ!!


これは、ワンランク上の医療事務員を目指すために学んだ知識を活かすための大切な実習です!
寝相アートの中には、場面に合った色使いを理解し、雰囲気づくりに活用する「色彩学」の知識や、
保育・発達概論」で学んだ乳幼児の心身の発達や保育に必要な知識が活かされています。
学んだ知識を形にすることで、仲間同士での意見交換が生まれ、楽しみながら自分の到達度が確認できる貴重な実習になりました☆