サンギニュース

Sangi News

2014.09.30 学校生活

『AR講座』を開講!

メディアクリエイション科では、新たな技術への理解を深めるために、今話題の「デジタル×アナログ」のコラボレーション『AR』について特別講義を行いました。

ARとは、Augmented Reality(拡張現実)の略で、スマートフォンやタブレット端末のカメラ機能を利用して、ポスター、チラシ等の印刷物を読み込むと、現実の情報を進化、強化して動画などで提供できる技術です。スマートフォンの普及により、AR技術を利用した多数のアプリが開発されるなど、広告制作においてもさらなる表現方法の広がりをみせています。

講師の方々からは、広告制作物を制作する法則やプレゼンの秘訣、“新しい体験価値を提供する”という新たなる可能性をお教えいただきました。新たな発想をカタチとすることかできるようARについての知識をもっと深めていきましょう!!

お忙しい中、貴重なご講演をしてくださいました、富士ゼロックス(株)代表取締役社長 栗原様、竹田様
ナレッジワークス(株)野村様、誠にありがとうございました。



※メディアクリエイション科は、平成27年4月より「広告・WEBデザイン科」へ科名変更となります。