学校案内

Information

校長挨拶

本校は、「技術者の育成を以て地域社会に貢献する」という建学の理念を基に、時代のニーズに対応する「先端技術教育」と、社会人の基本である「人間教育」を日々実践しております。

今、社会は大きな変革期の中にあると言われ、非常に不透明な時代のように感じられますが、実は、すでに明確な方向性が示されています。それは、「何かをやった人もやらない人も、同じ結果が生じる社会」から「何かに挑戦し、成し遂げた人には、それ相応の報酬がもたらされる社会」に変化すると言うことです。社会は、集団主義から「個の重視」へと大きく変化し、自分を表現する「コミュニケーション能力」が重要なスキルになり、「何ができるか?」を強く問うようになってきています。

私達、静岡産業技術専門学校のスタッフ一同は、皆さんが本モノの実力を身につけ、皆さんの夢の実現と冒険へのチャレンジを応援します。あなたの持つ可能性に挑戦してみませんか。あなたの中にかくれている未知の才能を見出してみませんか。「自ら考え、鍛え磨き、自ら創る」を皆さんのモットーとして、ともに学び、ともに夢に向かって挑戦してみようではありませんか。

学校法人 静岡理工科大学
静岡産業技術専門学校
校長 遠藤 進

教育の特色

本校で学ぶ数年間は、夢を育み、実現するための通過点、思い思いのフィールドで活躍するための力を蓄える養成時間です。ここには、学生一人ひとりの夢を「実現」という未来に導く独自の教育システムや環境、ネットワークがあります。想い描く未来に向けたあなたの「なりたい」をSANGIが力強く後押しします。

少人数制の手厚い授業

本校の各学科の定員は20~40名。大人数での講義が中心の首都圏の大規模校や大学と異なり、全ての授業において少人数制で行うことで、学生一人ひとりが授業内容をしっかり把握できる環境を整えています。教員と学生との距離が近く、「質問がしやすい」「授業に集中できる」というメリットの他、教員が各学生の学習能力や理解度を把握し、より細やかな授業を行っています。

充実の就活サポート

専門学校教育の真価は、就職実績によって問われるといっても過言ではありません。開校から48年、高い専門能力を持った約10,000名もの多くの卒業生が県内を中心とした各企業に就職し、様々なフィールドで活躍しています。そして、彼らの活躍により、多くの企業からレベルの高い専門学校としての評価を得ることができ、企業との信頼関係を築き上げてきました。時代や技術は変遷しても、本校の“教育”に対しての考え方は終始一貫変わることはなく、質・量ともに高い就職実績を維持し続けています。
▶▶▶就職についてもっと詳しく

強力バックアップ体制による資格取得

本校は、昭和56年からの長きにわたり国家資格「情報処理技術者試験」に挑戦、「資格のSANGI」といわれる程、毎年多くの資格取得者を輩出し、これまでに約2800名を超える「基本情報技術者試験」合格者を生み出してきました。そして、その成果を、昭和63年から29年間に渡り毎年年末もしくは年始の新聞紙上で発表し続けています。また、世界基準のベンダー資格やCAD設計、デザイン系、ビジネス系、建築系の資格など多岐にわたって果敢にチャレンジしています。
▶▶▶資格についてもっと詳しく

業界の最新技術習得のための教育ネットワーク

専門学校教育の根幹は取り巻く環境、特に社会や産業界との繋がりにあります。実社会において教育分野の技術がどのように使われているか、将来どんな方向に進んでいくかを見極めていかなければなりません。本校には、常に半歩先を見据えた教育を施していくために、最新技術で業界をリードあるいは標準となる企業や大学、団体との教育連携や教育認定などの様々な教育ネットワークが充実しています。これだけの教育ネットワークを持つ専門学校は全国でも数少なく、48年専門学校教育に真摯に取り組んできたからこその、幅広く信頼できる教育ネットワークです。

■提携・連携先
  • 帝京大学通信教育部併修校
  • シスコネットワーキングアカデミー実施校
  • 基本情報技術者試験午前試験免除対象科目履修講座実施校
  • 全国建築CAD連盟建築CAD検定試験認定校
  • 建築士事務所協会協力会員
  • マイクロソフトITアカデミー認定校
  • CompTIAアカデミック会員(CAPP)認定校
  • 一般社団法人医療秘書教育全国協議会
  • マイクロソフトオフィススペシャリストテクノロジーアソシエイト
    試験会場登録校
  • 次世代ICT人材育成AllianceMicrosoft認定校
  • 次世代ICT人材育成AllianceAdobe認定校
  • マイクロソフトDream Spark契約校
  • LPI-Japanアカデミック認定校
  • ワコムクリエイターズカレッジクラブ加盟校
  • Pearson VUE社(ベンダー試験)会場
  • マイクロソフトOVS-ES契約校
  • オラクルアカデミックイニシアティブ(OAI)実施校
  • モリサワMORISAWAPASSPORTアカデミック認定校
  • 専門学校教育イノベーション“SEA”(School Education Advance)加盟校
  • CG-ARTS協会認定教育校
  • Adobe高等教育機関向けCreative Cloud ETLA包括契約
  • 日本医療教育財団会員校
  • 近畿大学九州短期大学通信教育部併修校
  • HTML5アカデミック認定校

実社会で役立った技術が学べる実践教育

企業との連携による様々なシステム開発やWebサイトの設計、CGを駆使したデザイン制作、機械設計など企業と連携した授業を積極的に行い、単なる知識や資格取得だけでなく、実社会で必要とされる技術が身につく実践教育を行っています。また、それにより、企業の最新の技術や動向を常に把握し、教育にフィードバックすることで常に業界ニーズに合ったカリキュラム構成を可能にしています。

実務経験を備えたプロの講師人

SANGIの講師はその道のプロ集団です。学校の良し悪しは、講師がどのような授業をするのかで決まると言っても過言ではありません。本校の講師は全員が実務経験をつんだことのある教員。実体験に基づいた教育が、社会に出た時に即戦力として発揮されます。また、日々新しい情報や技術が要求される現在、当然のことながら、講師側も常に新しい技術を身につけるべく日々精進しています。現在も第一線の現場で活躍している者もおり、常に最先端の教育を目指しています。

学校基本情報

学校情報

学校名 静岡産業技術専門学校
所在地 〒420-8537 
静岡市葵区宮前町110-11
問い合わせ先 フリーダイヤル:0120-618-255
(TEL:054-261-8222)
公式サイトURL https://www.sangi.ac.jp/
E-mail koho@sangi.ac.jp

設置学科

【平成30年度生募集学科】
学科名 修業年限 定員
みらい情報科 4年制/男女 25名
コンピュータ科 2年制/男女 40名
医療事務科 2年制/男女 20名
こども保育科 3年制/男女 20名
CG技術科 3年制/男女 30名
ゲームクリエイト科 3年制/男女 30名
CADデザイン科 2年制/男女 20名
建築科 2年制/男女 30名

情報公開

学校法人情報

沿革

昭和15年 地元産業界の人材需要を満たすことを目的に官民の協力によって、優良運転者養成機関として全寮制の静岡県自動車学校を開設、委託生を受け入れる。
昭和45年 静岡産業技術専門学校を独立開設。専門化、細部化が進む技術者需要に対し、専門技術者養成に努める。
昭和48年 コンピュータの発達に伴い、即戦力となるコンピュータプログラマの養成学科(電子計算機科1年制)を開設する。
昭和51年 各種学校から専門学校へと昇格。
昭和55年 2年制の情報処理科を設置する。(昭和57年コンピュータ科に改称)
昭和58年 OA化に対応できる人材育成を目的に、2年制のオフィスオートメーション科を併設する。
昭和63年 通産省(現 経済産業省)より「情報化人材育成連携機関委属校」 に、文部省(現 文部科学省)より「専門学校職業教育高度化開発研究」 の委任指定校に選定される。
平成1年 電子制御に精通するカーエンジニアの養成を目的に自動車電子科を開設する。
平成2年 情報系で県内初の3年制情報システム科を開設。また、コンピュータ電子科を開設。学校法人静岡理工科大学の開設許可を得る。
平成3年 自動車科、自動車電子科、コンピュータ電子科が学校法人静岡自動車学園静岡工科専門学校として分離開設する。
平成4年 オフィスオートメーション科をOAビジネス科に改称。
平成6年 情報テクノロジーのスペシャリストを育成するため、高校時代にすでに情報処理の基礎教育を経験した学生向けの情報テクノ科を設置する。また、通産省(現 経済産業省)より情報化人材育成学科認定校Ⅰ類として認定される。
平成7年 文部省(現 文部科学省)より、卒業生に「専門士」 の称号が付与されることが認められる。コンピュータグラフィックス科を設置し、時代のニーズに合った人材の育成を目指す。
平成8年 ゲームクリエイト科、マルチメディア科を設置する。 また、短大併修コースを設置する。
平成10年 建築科を設置する。学校教育法の改正により、大学への編入が可能になる。
平成11年 情報テクノ科を情報ネットワーク科に改称するとともに本格的なネットワーク教育を推進。
平成13年 マルチメディア科をマルチメディアデザイン科に改称し、デザイン分野に力を入れる。
平成14年 情報システム研究科を情報ネットワークシステム科に改称し、ベンダー企業との提携を強める。
平成15年 マルチメディアデザイン科をWebデザイン科に改称し、本格的なWeb技術教育を開始する。
平成18年 コンピュータ科CADコースをCADデザイン科に改称し、造形デザイン分野にカを入れる。
平成19年 コンピュータ科インターネットビジネスコースを総合ビジネス科に改称し、ビジネス分野の人材育成に力を入れる。
平成20年 福祉公共ビジネス科、住環境デザイン科、キャリアライセンス専攻科を設置。さらに、Webデザイン科をデジタルデザイン科に、総合ビジネス科を総合オフィスビジネス科に改称し、各科にコース制を導入する。e-ラーニング教育システムに取組み、e-スクールコースとしてコンピュータ科に設置する。
平成23年 4年制学科みらい情報科を設置し、卒業生には文部科学省より「高度専門士」 の称号と「工学士」 の学位が授与される。さらに、医療事務科を設置し、コンピュータ科に「プログラム」 と「ビジネス」 の2コースを導入する。
平成24年 CG・アニメーション科とメディアクリエイション科を設置。マルチメディアデザイン分野の充実を図る。
平成27年 メディアクリエイション科を広告・WEBデザイン科に改称。
平成30年 CG・アニメーション科と広告・WEBデザイン科を統合し、CG技術科を設置。

グループ校

学校法人 静岡理工科大学は、平成3年静岡県袋井市に開学した静岡理工科大学を中核に、6つの専門学校と2つの高校、中学校、日本語学校から構成される教育グループです。その教育方針は、「高い専門性と豊かな人間性を育成する」ことにあり、グループメリットを活かした学校間の情報交換や研修を積極的に行うことで、絶え間ない教育レベルの向上を実現しています。

静岡理工科大学 〒437-8555 袋井市豊沢2200-2 TEL:0538-45-0111 
FAX:0538-45-0110
静岡北中学校・高等学校 〒420-0911 静岡市葵区瀬名5-14-1 TEL:054-261-5801 
FAX:054-262-5573
星陵中学校・高等学校
〒418-0035 富士宮市星山1068 TEL:0544-24-4811 
FAX:0544-24-9929
静岡インターナショナル・エア・リゾート専門学校 〒420-0822 静岡市葵区宮前町110-11 TEL:054-267-6330
FAX:054-267-6338
沼津情報・ビジネス専門学校 〒410-0804 沼津市西条町17-1 TEL:055-961-2555
FAX:055-961-2556
浜松情報専門学校 〒430-0929 浜松市中区中央3-10-31 TEL:053-450-6550 
FAX:053-450-6580
静岡デザイン専門学校 〒420-0839 静岡市葵区鷹匠2-19-15 TEL:054-252-1766 
FAX:054-252-1968
専門学校 浜松デザインカレッジ 〒430-0929 浜松市中区中央3-10-31 TEL:053-450-6555 
FAX:053-450-6580
浜松日本語学院 〒410-0929 浜松市中区中央3-10-31 TEL:053-450-6590 
FAX:053-450-6591
沼津日本語学院 〒410-0804 沼津市西条町17-1 TEL:055-939-6590
FAX:055-939-6591
各学校の地図